スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

大地震のあとに

►2011/03/21 21:17 

こんばんは、お久しぶりです。
3月11日、東北関東大震災があって、何か書きたいなと思いつつ、
何を書いてもいけないような気がしてだいぶ日にちが経ってしまいましたが、
思ったことを書いてみようと思います。

地震があった時、私は一人で東京のドラックストアのレジに並んでいました。
「あ、地震だ」と思ったけどすぐおさまるだろうと思ってそのまま並んでいたら
大変な揺れに…!

レジに商品を置いて外に飛び出すとみんなが階段の手すりにつかまっていたので
私もたっていられずみんなとつかまりました。
あまりに揺れが長くて酔ってしまいました。

地震がまだ続いているうちにお姉ちゃんから電話があって
「公園にいるから、あーちゃんは大丈夫だよ!」と教えてもらって
(姉の家に泊まりに行っていたのです。姉に子供をみててもらいました。)
走って公園に行く途中、みんなが外に出て地震に恐れたり物が落ちているのを見ました。

怖かったです。

何が怖いって、地震がもっともっとくるんじゃないか
もっと強い地震がくるんじゃないか
東京でこんなに大きいなら、震源地はもっと大変なんじゃないか
(なんとなく震源東京とは思っていなかったのです。)

私も、私の家族も無事でした。
安心したけれど…テレビの中、遠い東北はとっても悲しいことになっていて

どうしたらいいだろう?
何かしたい
何ができるだろう?

ぐるぐる考えました。

いま、できるのは募金と節電くらいで、はがゆいですが…
そうだ、忘れてはいけない、と思いました。
小さなことは一人なら小さいままだけど、
みんながやれば大きな力になるんだって…。

計画停電、みんなが節電したおかげでやらずに済んだりもしていますものね!

小さくてもみんなやる、そして継続する。
できることを考える。

今はそれだけでも…やれることをやっていきたいと思います。


地震から十日が過ぎて、
震災以外のニュースもやるようになって、ちらりと目にしたのがリビアの紛争。

震災の後、世界中が日本の悲しみをわかちあってくれて励ましてくれて
被災者ではないけれど、とても感動しました。

たくさんの方が亡くなる一方で、不眠不休で食べ物がなくても
力を合わせて生存者を探し救助する人々に涙を流しました。

…何人もの人が必死に人を助ける一方で
世界のどこかでは人が人を死なせている…

とっても、とっても悲しいです。

津波で肉親を亡くした人を
食料も水もない人を
寒い寒いと身を寄せ合う人を
わが身のことのようにあわれみおもいやれる心が、世界中にあるのに

どうして戦争はなくならないんだろう?


戦争をしたら、もっともっとひどい思いをする人がいる。

つらい中でも助けあえるとうれしくなる。


みんなみんないつもずっと忘れずにいられたらいいのになぁ。


とりあえず、
小さなことだけど、

私はずっと忘れないようにしよう…。

そういう風に、みんな思っていけたらいいなぁ…。


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

my daysComment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

そうだよね、やっとの思いで助かった人もいれば、不意に殺されてしまう人もいるんだよね。天災から逃れるのは大変な事かもしれないけれど、戦争はなくせるハズだよね。なんか悲しい。忘れちゃいけないね。    


2011/03/23 14:32 | くみこ URL[ 編集 ]

>くみこ

返信遅すぎでゴメンね。
助け合うこともできるのに殺しあうのは悲しいよね。
戦争がなくなってほしいね。


2011/04/16 23:16 | ダイナ URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する







クリックで救える命がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。